4KアクションカムをLUMIX G7とiphone6で画質を比較【あやしい中華】


前回は4kアクションカメラのスペックの説明をしましたが、今回は実際の画質の比較になります。
比較対象は4K30FPSが撮影可能なLUMIX G7と1080p60fpsが撮影可能なiphone6です。
実際にはG7は1080p60fps、iphone6は1080p30fpsでの撮影になりました。

見てもらえると分るとおりF60(アクションカム)は30fps出ていません、データ上は30fpsでしたが実際にはカクカクで他のソフトを使えば実際のフレームレートが分るのかもしれません、windowsのファイルそのままのプロパティで実際のfpsが表示されている画像を見た事がありますが、私の環境では普通にプロパティを見ただけでは何も表示されていません。

さて30fpsが出なかった事には驚きませんでしたが、思ってた以上にアクションカムの画質が悪いのと、逆に驚いたのがiphone6の画質が良い事です。
遠目ではあまりG7と遜色ありませんし更にiphone6は60fpsでも撮影できます、しかし寄った動画では画質の差は歴然です。
iphone6は単焦点であれ中々の画質かと思います、これだけ優秀であれば画質の悪いアクションカムを使わずにiphoneをアクションカム仕様にする方が効率がいい気がしたので今後の予定を変更する事にしました。
それにしても今更3年前の端末の画質をあれこれ言うのはどうですかね、みっともないですかね、でもまぁ驚いたんですよ。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。