解説付きiphone6割れた画面交換


なんか前回個人的な記録のつもりで録画してアップロードしたdocomo iphone6の画面(LCDディスプレイ)交換動画が結構需要が有ったみたいで解説を欲しいというコメントも有ったので録画アップロードしてみます。

国内でもアマゾン等でパネルは売ってますが、4,000円以下はaliexpressやebayで2,500円以下で売ってるB級C級品かと思います、要は黄色や青等色が偏っておかしかったりコントラストが低かったりエッジからの光漏れが有ったりシミのようなスポットが有ったり縦や横にスジが入っていたりします。
因みに今回買った物(その後続けて買ったらプリントがズレてるのが届き、現在クレーム中)
AliExpress.com Product – Pantalla for iPhone 6 lcd touch Screen iPhone 6 digitizer assembly replacement AAAA no dead pixel 4.7 inch Display+install tools
8,000円出すと国内で中古の純正パネルを売っている所から買えたり13,000円位で新品の純正品を買う事ができます。
安くて直ぐに欲しいなら日本のamazonからドライバー等の工具セット付を買うのがいいかもしれませんね、ただ品質は前述の通りの可能性が高いです、しかし返金に応じてくれるらしいので偉そうな謳い文句の所で買うのが吉です。
純正同等や高品質と謳っていて低品質であれば虚偽にあたりますからね。

パネルを買うと大体工具も付いてきますしそれで足りるのですが、いいドライバーを使いたいのであればifixitのドライバーセットを購入するかそれの模造品を購入するのがおすすめです。
なぜなら磁化(マグネット)されているのでネジが止めやすいからです、外す分にはなんでもいいですが締めて止める時は磁力がないとネジ山小さいのでドライバーからネジがポロポロ落ちます、アマゾンでの#000のドライバーの人気は300円以下の単体のドライバーですが、これらは磁力が無いのでおすすめできません。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。