食中毒で死にそうになった話


おにぎりの具にソーセージを入れてきたはずなのにピクルスに変わっていた。

食って30分で胃の膨満感に絶えられなくなる。
寝れば治ると思ったら起きた時点で心臓バクバク、脂汗ダラダラ、体の節々が痛い、高熱。
3日で体は動くようになるが、胃がぶっ壊れている為パン等普通のものを食べると胃が苦しい。
主食は糖分をしっかり含んだスポーツドリンク(自分はグリーンダカラ)、ジャムを溶かしたヨーグルト、アイス、鮭フレーク等を入れたお粥が主食。
5日過ぎた位から段々普通の物も食べられるように。
回復期間中は『顔が青い』『死にそうな顔をしている』等言われる。

食中毒に正露丸は厳禁、吐き気を我慢するのも駄目、とにかく悪い物は直ぐに体から出す事、しにまっせ。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

1 Response

  1. ジュリアーノ より:

    死線を彷徨うとはいい体験だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。