HDDからSSDに変えた親父の驚きの反応 第3回 親父のパソコンをパワーアップ


親父のパソコンをパワーアップシリーズの第3回です。
今回はHDDをSSDに換装します。

第1回はマザボやメモリHDDを伴うCPU変更(celeron dual core 2.6GHzからcore i7 860 2.8GHz)とXPからWin7 pro 64bitへの変更
第2回は爆音ファン機の静穏化
そして今回が一番体感で変化を感じるであろうSSDへの変更です。




SSDは保証を使って新品にしてもらった120GBのシリコンパワーのSSD
まずはSSDだけintelのSATAのポートに挿してOSを入れようとしたら『ドライバ云々』言われてOSをインストール出来ない、更に再起動しているうちにキーボードとマウスが反応できなくなってCMOSクリアしても最小構成にしても全く反応しない。
よってDELを押してBIOSに入っていく事も出来ずに頭を抱えながら物置みたいになっている所に偶々覗いて見ると誇りを被った有線キーボードが!更に先はPS2とUSBを変換させるパーツが付いている。
これならいけるかと接続したらしっかり認識してなんとか復旧できた、そしてSSDはGigabyteの方のSATAポートに挿したらOSをインストールできた、流石マザボメーカー純正ポート。

OSを入れるのにこんなに難儀するのかと思いつつもSSDにWin7をインストールし、パソコンの起動させてからChromeのホームを表示までの時間を適当に実測した所、SSDは1分12秒 HDDは3分49秒かかりました、タイムもそうですしアプリケーションの起動から操作ブラウジング全てが全く違います、一応CrystalDiskMarkの値はこちらで左上がHDDで全体画面がSSDです。




005
さて爆速になったこのPCをぜひ体感して欲しいと親父をパソコン前に座らせてスイッチボタンを押させます。
驚愕の親父の反応は動画でご確認下さい。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。