【改良版】小さい4Kモニタは買ってはいけません【チグコラム 第3回】

ガジェット
hqdefault

2年前の2018年05月03日に4Kモニタの周知されていないデメリットを紹介した『小さい(32インチ以下)4Kモニタは買ってはいけません』という動画を公開してもう5万再生近くになります
(当時の環境はi7 4770K メモリ24GB GTX660 & GTX1060 3GB FHD24インチ&4K27インチマルチモニタでした、これでは動画編集やゲームは無理、今はCPUはRyzen 7 2700X メモリ64GB GTX 1060 3GB ですが4Kは私の用途ではあり得ません)

至らぬ私のせいで動画が長くなってしまい、無意味にストレスを抱えさせてしまうケースが有りました、ですから今回コンパクトにまとめて改修も加えて投稿する事にしました

尚2年経ちますが現在のテクノロジーではまだまだ4Kという解像度は重いという結果のままとなっております、現在最新のRTX2080系ですら60fps出ないゲームも有ります

この動画の意味がなくなるのは任天堂のCS機で全てのゲームでネイティブ4K60fps対応した時でしょうか

世の中の標準がFHDから4Kになるのはテレビ放送や映画をメインとして考えると正常進化ではあり、茶の間のテレビを4Kテレビにするのは基本的に正しい選択です

しかし、PC等では用途によっては適切ではなく、大人の事情で4K4Kと言っている人達の声が大きいあまりその声にだまされて「今は4Kモニタの時代だから」と飛びついて自分の用途に合致しない結果を迎えてしまっている人が多いのではないでしょうか?
(そしてそれに気づいていません)

因みに私は4Kモニタで4K映像を見たらどれだけ奇麗に映るのか興味が有って購入した結果、映像では殆ど違いが無くデメリットが大きすぎたので売却しました

そういう人達や予備軍の為に前回動画を投稿したわけです(13インチで4Kモニタという製品も存在して売れてしまっているのは市場、つまり我々の4Kへの理解が足りない証拠です)

調べてみると分かるのですが4Kモニタのデメリットを啓蒙しているサイトは案外多いです、しかしそれ以上無責任に4Kモニタを進めているyoutuberやブログが多い

そりゃー4Kモニタを紹介した方が動画は再生されるしamazonのアフィリエイトの売り上げもいいですからね

それでは本題に入りますがデメリットを簡潔に述べますが2つだけです

・等倍なら奇麗だけどスケーリング(拡大)を使うとアプリによっては文字が汚くなる

MAC(源の角ゴシック)の人がWindowsの文字が汚いとか昔はよく言われてましたがそんなもんじゃないです、今も変わってないんですかね?これはそのうち変わるかもしれません

・スペックを食われる、ゲームで言うとグラボの性能を紹介しているサイトを見るとfpsが半分以下になる事が多いです

(FHD表示をフルスクリーンで表示すれば軽くなるかもしれませんがそれってどうなんですか?)
それじゃ4Kはダメかと言ったら前回動画でも説明していた通り用途やサイズによるんです

基本的に通常使用で頻繁にグラボの使用率が100%近くにならない、つまりグラボのパフォーマンスが頭打ちになってボトルネックにならなければ4Kモニタでいいんです

ブラウジングやyoutubeを見るだけだったりの人とか或いは、写真を扱う人の場合はPhotoshopやLight room使ったりして偶にカクツクとしても(モニタがよっぽど小さくなければ)むしろ積極的に4Kモニタを買った方がいいでしょう

静止画での4KとFHDやQWHDとの違いは大きいですから、ただし動きが付くとその違いが低くなります

逆に、サクサク動くからといって40インチでFHDの解像度となると絵が荒くなってしまうので多少スペックが犠牲になっても4Kを選択した方がいいでしょう、前回動画で「32インチ以下は」という注釈が付いている理由です

皆さんモニタの解像度を選択する時に1920×1080 1920×1200 2560×1440と言った物を選択すると思いますが

FHDとは、縦が1080横が1920のドットの事です、映像では簡潔に縦の数字で表します、youtubeは1080とか720とか480を選べると思いますがこれはそういう事です、因みに720はただのHD、これがフルになるからFHD)

今も多いですが24インチがモニタの基本の時代、殆どの人が縦1080のFHDがアイコンやアプリの大きさとして適当だと思って選択してきたと思います24インチでFHDを選択した場合 1920×1080 91dpi ドットピッチ0.277mm、 4Kだと 0.138mm つまり4Kは2倍細かいから奇麗だけどその分アイコンやアプリのデフォルトの字が小さくなてしまい見にくい

結果、拡大(スケーリング)を使うのですが文字等が汚くなってしまう事が有る、それではそもそも4Kモニタの意味は?となってしまう(絵自体は4Kモニタの方が奇麗なので意味がない訳ではないが、そこだけの為にデメリット多すぎませんか?と)

コメントで、「13インチのノートのドットピッチを考えたら24インチでも4Kでおかしくない」という様な指摘をされる人がしました

どういう事かというと13インチのノートはFHDを選択する人が多いと思います、それが適切で快適でしょう、そのドットピッチは0.138mmで24インチでの0.138は4Kだからです分かりやすく言うと13インチのFHDは24インチの4Kと同じ奇麗さという事

この人に言いたいのは「あなたは24インチの4Kモニタを使う時に手元に置いて見るんですか?」と、数字しか見ていないんですよ「遠くに置いて使うでしょ?」と

逆説的に言うと適切な例えではないですが24インチの4Kモニタをデスクトップで使う事は13インチのモニタを遠くに置いて使う事に部分的に同じなのです

ここからは【コメント欄にあった批判】に関して説明します

ちなみに最初はコメント欄を野放ししてました
すると、私より知識不足なのに(「低スぺのくせに4Kの文句言ってる!キィー」と)私を知識不足のくせに偉そうにしてると思ってストレスを抱える人や、4Kを買おうとしてた高揚感を阻害された人や、4Kを買った自分の選択ミスを証明された事にストレスを抱えた人たちがコメント欄の空気に便乗して的の外れたコメントを量産してグッドボタンを押しあって傷を嘗めあっていました

「ムカつくから批判しよう」「批判コメントや低評価が多いのは投稿者が間違っているからだ」「批判が多いから俺も叩こう」という悪いスパイラルです
(冒頭も言いましたが動画が長くて話が理解し辛いというのも原因ですから私にも非が有ります)

そこで、コメントを部分的に削除して賛同のコメントとのバランスを取りました、すると賛同レスが多い事で自分のストレスが間違っている事に気づく、または賛同レスを読んで動画の内容を理解できる人も増えるのか批判コメントは減りました

ちなみに幾つか適当な批判も有るんですが、2年前の投稿時点では知らなかったんですが、premiereでの動画編集に関してはプロキシを使って例えば動画編集時に素材を縦720等にして軽くする事ができます、ですから「お前は編集を軽くする努力をしてないじゃないか」という突込みがあれだけの低評価があるので有っておかしくないのですが2年経って5万近く再生されても未だに有りませんでしたね、批判している人はそんなもんという事です
ただプロキシで軽くできると言っても4Kモニタでも作業を軽くできるというだけでデメリットそのものを解決している訳ではない、作業が軽くなるからという理由でFHDでプロキシを使う人もいます
グラボを使ってデコードと言っている間違いは流石に突込みがりましたが(なんでデコードと言ったかは分からないですがエンコードが正しいです)

賛同コメントとして多いのはドットバイピッチや拡大・等倍に関しての理解やスペックを食う事への理解、そして結論として32インチのWQHDという結果にたどり着く人がチラホラいました、私も4Kモニタを売って直ぐに32(正確には31.5)のWQHDを買いました、ここら辺は次の動画で話をします

前置きが長くなりましたがコメント欄で有ったよくある間違いに関して説明

・グラボの性能が低い→話の要点はスペックを食われる事、あなたが4Kモニタで快適な環境はFHDモニタだったら安く作る事ができるし同じスペックならFHDモニタの場合もっと快適です

※上から見線で4Kにはこれくらいのスペックが必要で、適当な事を言うな、勉強しましょう、というコメントが有るんですがその人たちに「どういう環境で何を使っていて例えば実際の作品は?」等聞いてみても基本的に答えてくれません
「何インチの4KモニタでこのスペックでMAYA使ってますAE使ってます」っていうコメントを貰って「それって作業で4Kの必要有ります?4K環境での確認が必要なら確認時に4Kモニタに出力すればいいのでは?」と返信したいのですが、そこにすら至りません
というか、そういう重い作業する人たちは4Kモニタのデメリットを分かってますから批判コメントをしてきません、使っている人がいないという訳では有りません

ゲームに関してはこういうスペックででこれくらいfps出てますというコメントは有りましたが、「じゃぁ友達がそのゲームをやりたいと言ってきた時にその環境をそろえろとあなたは言うのか?」とコメントしたら返信は有りませんでした
最新のRTX2080系でもゲームによっては最高画質では60fpsでない事があります、最新最高のスペックを揃えるeSportsのプロが最新の4Kモニタを使ってない事に何か気づかないのでしょうか

・GTX660は古い→8年前のグラボですが、ベンチ結果をさっと調べると今どきのintelだとi9 9900K Intel UHD Graphiccs 630 の2割程度、Radeon Vega 11でも7割程度、この事を分かっているのか?intel1万番台の内蔵グラフィックでもGTX660に及ばないはずです万が一及んだとしてもその程度GTX660が古いからだという人は外付けのグラボを買わない人にも自分の環境で成立しているからといって「4Kモニタいいよ!」と勧めてしまうのでしょうか?それに動画内ですでにGTX1060を所持していてベンチ結果も表示しているのにGTX660が悪いと言っています、GTX1000番台積んだ方がいいですよというコメントも有りますただこれは動画が長いのが悪いのも有るのでまぁ

・FHD・WQHDモニタで4K動画が見れないと思われている→今どきの全ての環境は分かりませんが少なくともGTX660はyoutubeで4K画質を選択できますし圧倒的に奇麗になります

・PS4を4Kモニタに接続して奇麗に見えてます!4Kモニタは良いですよ!→それ4Kで出力されてますか?proだとしてfpsはどうなってます?

・4Kに文句言うな→言ってません、質問コメントに対しても動画内でも使用用途次第では4Kを勧めてます

結局長くなりましたが以上です、この後PCには32インチのWQHDが最適では?という動画を投稿するので投稿が終わっていたらリンクを下記に追加していますので見てください
ここまで読んで「それじゃぁお前は何を使っているんだ」となると思いますが、現在は4Kモニタを売却してすぐ購入したこのモニタを使っています

75Hzで駆動していますし4Kに比べて断然軽く、ドットピッチが適切でドットの粗さなど全く気になりませんし快適です

新しめのモニタでどれを買うかとなったら僅差でこの商品を買うと思います

ジャパンネクストというブランドだけがネックですが32インWQHD 75HzモニタでFreeSyncでこの値段というのはオンリーワンですから

コメント