ロードバイクを筆頭に自転車に一番最適最高なライトを提案(紹介)します Lumintop B01

5,000円以下という制限の中ですが、5,000円以上で有ってもこれだけの内容を備えたライトはないんじゃないでしょうか、それがLumintopのB01です

昨今明るさ(ルクス)を優先して直射式や半直射式の目つぶしライトが氾濫していますが、(流石)ドイツが先陣を切って規格(StVZO)を策定してくれた為、StVZOの要件を完全に満たしているかは分かりませんが対向者が眩しくないように上側の配光をカットし、手前と奥の2つのゾーンを照らす配光の商品が中華メーカーでも散見されるようになってきました。
手前側の配光の必要性は最初は感じていなかったというか、その分奥に集めて奥の光量を上げてほしいと思っていましたが、フロントタイヤを含む手前が明るい事で人や車などの対向者がこちらとの距離感を掴みやすいという大きなメリットが有ります。
直射型のライトは眩しくて瞳孔を小さくしてしまう(暗い所が更に暗く見える)上に距離感が掴めずお互いに危険です、これがドイツ配光になるとダブル効果でお互い安全になりますし相手に嫌な思いをさせなくします。
前回amazonで3,000円で手に入るドイツ配光系のライトを紹介しました
AliExpress.com Product – NEWBOLER German Standard Flashlight For Bicycle 4000 mAh Bike light Front and Back Light Kit USB LED Headlight Accessories Mount

今回はamazonで現状販売されていないLumintopのB01というライトを紹介します、因みに以下のリンクからaliexpressで購入可能です
AliExpress.com Product – Lumintop B01 850lm 210m USB Rechargeable Bike Light Headlight 21700 18650 Flashlight Powerful Outdoor Camping Hunting Detector
国内amazonでは下位機種のLumintop C01は購入可能ですが容量も小さくB01との共通点は配光位です

内容が非常に長いので時間が出来たら動画から画像を切り出して紹介しようと思いますがとりあえず今は動画で内容をご確認ください

テキストでもメリットを紹介しておくと
・配光はドイツ規格系配光
・MAX850ルーメン(公称)、実用は450ルーメン
・18650や21700などの充電式リチウムイオンバッテリー(電池)を使用可能
・リチウムイオンバッテリーは交換可能
・電池無しでもmicor USBでモバイルバッテリーなどから給電すればハイ(450ルーメン)も使用可能(この機能1万円を超える機種でも実装していないのが殆ど)
・18650 1本で動くので小型軽量、重量を気にするローディーにもお勧めできる
・ライトが円形で回す事が出来るのでハンドルの上下を問わず設置可能
・防水(2m)

デメリットも書いておくと
・(設置型ではなく、カバンに入れて持運ぶ事を考えた)懐中電灯型なのでボタンが押しづらい(メリットでもある)
・使っていなくてもボタンが緑に点灯(無駄な電池消費だし、最後まで放電したらバッテリーを痛めるのでは?)

耐久性の面はまだ分かりませんが(ライト色々調べましたが)現状最高の自転車用ライトではないでしょうか、色んな人の用途にも合っているという点も含めて。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。