ロードバイクに大型コンテナを付けてみた


前回ダボ穴付きのシートクランプを使ってロードバイクにリアキャリアを付けました


今回はママチャリで使うカゴを付け外し可能にするベースとアダプターを使い、大型コンテナボックスを載せてみました



まず見た目の話からするとリアキャリアだけならまだ格好悪くありませんが、アダプターを付けると非常にダサいです。
トピークのキャリアを使うならトピークのバッグを付ければ付け外しもワンタッチで済みます

しかし私はお弁当を平行にして運びたいのとキャンプに行きたい(荷物を山ほど積みたい)ので50Lの大型コンテナをチョイスしました。

機能に関して言うと、まず自転車の重量が10kgも有りませんから後方のキャリアと空のコンテナだけでも重く、そこに重量物が載ってくるとフロントの接地感が無くリアタイヤもブリブリ滑り常にチャタリングしている様な状態で非常に危険です。
ですからコンテナ自体を小さくして重量と左右後方への出っ張りを減らしマスの集中化を図ります、自転車の安定性向上を目指します。
個人的に重さと形状と積載性で以下の25Lのコンテナが単体ならベストサイズという結論に達しました。

折りたたみコンテナから単純なボックスにする事で防水性も上がります。
50Lのコンテナが余りにも不安定だったので恐怖を感じ、現在はこれより一回り小さいボックス(13L)にしましたが容量の面で不便に感じています、少しの重量増なら問題が無さそうに感じるので上記の25Lが単体ならベストだと感じそう書きました。
ここで「単体なら」という注釈が付くのですがどういう事か説明すると、大量の荷物を積載する場合にトップケース(今まで説明しているボックス)だけでは物足りません、そこでキャリアのサイドにサイドケース(パニアバッグ・パニアケース)を付けるわけです、そこでトップケースが高くて重い状態でサイドバッグに更に荷物を入れたらバランスが悪くなります、ですからサイドバッグを使う事考えてトップケースの高さを抑える為に13Lのトップケースを選択しました。

ただ高さを抑えても安定化への貢献はたかが知れていますし、10kg以下のロードバイクにトップケースとサイドバッグに荷物を詰め込むと確実に不安定になります、ですから大量の荷物のキャンプの場合はフロントへの積載が必要になってきます。
現在はフロントへの積載は勿論ですが後方への積載制限も考えています、それもあってトップケースは13Lを選択しているので
す。
※文章メチャクチャですが推敲しないでアップします。

chiguly

相場の借りは相場でかえす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。